不定詞の副詞的用法

不定詞の副詞的用法は必ずしも「~するために」となるわけではない。一番日本人にとってなじみにくいのがこの副詞的用法だろう。

結果を表す不定詞の副詞的用法がある。

He grew up to be a gentleman.

これはもちろん「紳士になるために成長した」のではない。左から右に訳して、「成長して(、そして)紳士となった」となる。この場合の述語動詞は比較的限られたもので、

grow up
live
awake

など、自分の意志ではどうにもならないような動作を表す場合が多い。「live」でよく使われる表現は、

She lived to be ninety five. 
(彼女は生きて95歳になった。=彼女は95歳まで生きた。)




この場合の不定詞が結果を表すことをはっきりさせるために「only to」や「never to」の用法がしばしば見られる。

I hurried to the station only to miss the train.
(急いだが、あいにく電車を逃した。=急いで、(だが)電車を逃しただけだった。)

この「only to」は「あいにく~する」という意味を含む。

She went out never to return.
(彼女は出て行ったきり戻って来なかった。=出て行って、決して戻らなかった。)
[PR]
by fshohei | 2005-02-23 21:05 | レッスン